愛知県岡崎市、まちなかの変化の中心 「QURUWA」のいまです

乙川のかわまちづくり 籠田公園 籠田公園 オトリバーサイドテラス 乙川のかわまちづくり 康生通り社会実験 連尺通り生活社会実験 乙川のかわまちづくり 籠田公園 桜城橋 籠田公園 桜城橋

QURUWAってどこ?

QURUWAの地図 QP1マーカー QP2マーカー QP3マーカー QP4マーカー QP5マーカー QP6マーカー QP7マーカー

QURUWAとは、愛知県岡崎市を流れる乙川のまわり、名鉄東岡崎駅、桜城橋、中央緑道、籠田公園、図書館交流プラザりぶら、岡崎公園などの各拠を結ぶ「Q」の字の通りを言います。豊かな公共空間を市も市民も一緒になって工夫し活用することにより、人やものの動きを活発にし、波及効果としてまちの好循環をはかろうとしています。

※地図のピンをタップすると、QURUWAで進んでいることをご覧いただけます。
※お車でお越しの方は、りぶらの駐車場、篭田公園地下駐車場、岡崎公園駐車場、またはお近くのコインパーキングをご利用ください。

QURUWAをつかう

公共空間をつかう

籠田公園 乙川

関連ツールをつかう

利用方法はマニュアルをご確認ください。

QURUWAロゴ

QURUWAロゴ イメージ
ダウンロードページ準備中

QURUWAマスターマップ

QURUWAマップ イメージ
ダウンロード

QURUWAで今何してる?

「QURUWA」の近くでお商売をしたり、QURUWAに関わる活動をしたりするみなさんに、自由に自分の情報を発信してもらえるよう、「QURUWAおしらせプロジェクト」進めています。

QURUWAで進んでいること

QURUWAプロジェクト1

ホテル・コンベンションの整備・運営

約8,000㎡の市有地で事業用定期借地などによりシティーホテル、コンベンション、リバーベースを民間一体的整備するまちの拠点形成プロジェクト

QURUWAプロジェクト2

桜城橋橋上広場・橋詰広場の整備・運営

公園人道橋の桜城橋橋上広場とその橋詰広場約2,800㎡の公園用地を活用し、Park-PFIによる民間活力を導入し、休憩所、飲食店などを整備、運営するプロジェクト

QURUWAプロジェクト3

東岡崎駅周辺(北東街区)の整備・運営

名鉄東岡崎駅に隣接する約6,600㎡の事業用定期借地権を設定した市有地で、商業等の都市機能を担う民間事業者を核に、河川空間を含め一体的に活用するプロジェクト

QURUWAプロジェクト4

乙川のかわまちづくり

規制緩和により実現した河川空間での観光船運航や殿橋テラスにおけるカフェなど、様々な民間事業が連携するプロジェクト

QURUWAプロジェクト5

籠田公園・中央緑道の整備・運営

ステージなどを有する約7,000 ㎡の籠田公園、道路再構築により拡幅する約6,000 ㎡の中央緑道での、地元団体や公園管理・活用に関係する民間事業者などと共に、公園で稼ぎ、公園に還元する組織・仕組みづくりに挑むプロジェクト

QURUWAプロジェクト6

りぶら暫定駐車場の活用

図書館交流プラザ「りぶら」東側に有する約11,000㎡もの駐車場や広場などの公的不動産を活かした公民連携事業により、まちと「りぶら」を繋ぐプロジェクト

QURUWAプロジェクト7

道路空間の運営(康生・連尺・二七市)

康生通り約300m区間等で、規制緩和による認定団体を組織することで、オープンカフェ、広告版設置などの道路空間を利活用する民間取組みの事業化と、それに併せた道路空間再配置を含めたプロジェクト

これまで何があった?

2021

2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

もっとくわしく知る

QURUWAに関する発行物はこちらからダウンロードしてお読みいただけます。

QURUWA戦略

なぜQURUWA戦略が必要なのか、誰がどうやっておこなうのかなど、これからのこのまちの新しい暮らし方、働き方、遊び方を実現するための道しるべです。

QURUWA戦略 [完全版]

2018年3月策定/2019年3月改訂

QURUWA戦略 [概要版]

2019年4月発行

パンフレット

QURUWAの人気スポットである「籠田公園」と「桜城橋」のパンフレット。どんな公園なのか?どんな橋なのか?イラストでわかりやすく解説されています。

籠田公園

芝生広場や屋根付きの休憩スペース、いろいろな遊具やイベントでの使い方など。籠田公園ってどんなところ?がわかりやすく解説されています。

2020年3月発行

桜城橋

橋の名前はどうやって決まったのか?どうして木で覆われているのか?「桜城橋」にまつわるエピソードとともに、まちなかの橋上公園を紹介しています。

2020年3月発行

QURUWA通信

2017年の社会実験「MeguruQuruwa」の内容や、2018年のかわまちづくり、通りの社会実験、籠田公園の内容が写真を中心に紹介されています。

QURUWA通信 vol.1

社会実験「Meguru Quruwa」特集!
公共空間の新たな使い方、楽しみ方を実験しました! その取り組みシーンを一挙公開!!

2018年3月発行

QURUWA通信 vol.2

かわまちづくり特集!
つくる?みつける?新しい川との過ごし方、 乙川の過去から現在・これからの移りかわり

2019年3月発行

QURUWA通信 vol.3

通り特集!
QURUWA の北側に位置する、 康生・連尺・二七市の3 本の通りとそこでの取り組みをご紹介します!

2019年3月発行

QURUWA通信 vol.4

籠田公園特集!
籠田公園がリニューアル!どんな風になるの?

2019年3月発行

Log

乙川リバーフロント地区のまちづくりの軌跡(Log)を記録した冊子。vol.3以降p.2に各年度の概略が示されていますので、そこから読み進めることをおすすめします。

Log vol.12015年度

学生が中心となり中央緑道・太陽の城跡地の活用を検討した「デザインシャレット」と、まちづくりの方向性に関する「中間提言」などを収録。

2015年10月発行

Log vol.22015年度

総勢100名以上の市民が参加し、4つの分科会に分かれて具体的な事業提案をまとめた「まちづくりワークショップ」を特集。

2016年3月発行

Log vol.32015年度

1年間の取組を通じて練られた「基本構想」を踏まえ、民間主体の公民連携によるまちづくりの考え方と進め方を紹介しています。

2016年3月発行

Log vol.42016年度

主要回遊動線「QURUWA」が考案され、かわまちづくりやリノベーションまちづくりなど、具体的な動きが生まれた2年目を凝縮した1冊。

2017年3月発行

Log vol.52017年度

各エリアの将来像を市民が主体となって描き、検証する大規模社会実験「MeguruQuruwa」から生まれた「QURUWA戦略」を特集。

2019年3月発行

Log vol.62018年度

暮らしを豊かにする公共空間の新しい使い方を目指す、道路と河川の社会実験をクローズアップ。

2020年3月発行

Log vol.72019年度

籠田公園、桜城橋などの拠点施設の完成、主要な公民連携プロジェクトの事業者の選定など、大きく前進した5年目の動きを紹介。

2021年2月発行

QURUWAの人々 QURUWAの人々 QURUWAの人々 QURUWAの人々 QURUWAの人々 QURUWAの人々 QURUWAの人々 QURUWAの人々 QURUWAの人々 QURUWAの人々 QURUWAの人々 QURUWAの人々