#学ぶ
のスポット一覧

  • 38

    厳選屋

    2021年12月30日に岡崎城と図書館交流プラザりぶらの間に出来た、店主の本当にいいと思うものを提案する飲食物販のコンセプトショップ。コンセプトにしているのが、主に40~60代の中年男性が「ちょいモテ」になれる店です。
    厳選屋を立ち上げた尾崎さんは康生通りにあるリーガルシューズ岡崎店を約20年経営している店主。そこでもっと中高年が身なりを整え、みんなで教養を学びあえる「大人のたまり場」が必要だと感じ、オープンしたそう。それがちょいモテになれる店の真意。
    素敵な人柄の尾崎さんを慕う人が年齢性別を問わず来店し、週末はほぼ毎週イベントや勉強会などを行なっており、気軽に教養を学びたい人にもオススメです。

    • 食べる
    • 買い物をする
    • 学ぶ
  • 37

    岡崎ぎゃざ

    工作を通してまちや人と関わり、「その子がその子らしくいられる」環境づくりをする造形教室。学年の違う子どもたちが一緒の場で学びます。代表が大事にするのは「経験を奪わない」こと。あえて答えを言わず、失敗してもいいから自分でやってみる環境を整えています。
    美術教育ではなく生き方にフォーカスし、子どもたちが「自分で考えて行動して形にする」チカラを身につけるサポートをします。自由に表現できる環境で自分らしさを磨く教育は、まさに時代に合った習い事ではないでしょうか。
    主に年中〜小学生低学年の基礎クラスと、小学生以上の応用クラスがあり、その子の能力に合わせて選択でき、どちらも体験受付中です。

    • 学ぶ
  • 32

    Joy and Trust

    スカイブルーの壁に小さな木製扉、月や鳥たちのモチーフが、おとぎ話に出てくるお家のような見かけの英会話スクールです。アートやクッキングを楽しみながら英会話を学べる手の込んだ授業は、英語力だけでなく、生徒たちの想像力やクリエイティビティを養います。
    代表は20年英語教育に携わる明るくパワフルな方。「熱さは誰にも負けない」と自負し「自分にしかできないこと」を実現されています。
    2歳から大人までクラスがあり、園児や小学校低学年からそのまま高校まで通われる生徒も多いそう。主に口コミで人気の広がる、唯一無二の英会話スクールです。

    • 学ぶ
  • 27

    Masayoshi Suzuki Gallery

    15年程度続く、西三河でもあまりない現代アートを中心に展示を行う名物ギャラリー。立体・絵画・写真・映像やインスタレーション、インテリアやプロダクトと様々な作品が楽しめます。
    だいたい毎月変わる展示内容も注目ですが、オーナーである鈴木正義さんの個性的で楽しい人柄もギャラリーの特徴のひとつ。
    美術だけでなく、建築や文学やサブカルチャー、そしてまちづくりなど。様々な分野に造詣が深く、そのお話を聞くと時間が溶けてしまいます。岡崎の若手のお店やアーティストやつくり手を応援する、一度は会ってほしい岡崎の名物人です。

    • 学ぶ
  • 15

    wagamama house

    「Lilo」のお菓子やケーキでお茶もできます。2016年にリノベーションスクールの案件としてオープンしてから、お母さんたちが自分たちらしく、心地よい仕事の仕方、暮らし方や繋がり方を常に考えて、その時々に合わせていつも事業形態をアップデートしていっています。
    2階では学習塾、1階では造形教室や様々な人がワークショップを開いたり、出店でアクセサリーや野菜を売る人がいたり。イラストをかける人や布を扱える人など色々な人が集っています。平日しか空いていないので、タイミングが合う時にぜひ。

    • 食べる
    • 買い物をする
    • 学ぶ
  • 6

    岡崎公園

    岡崎公園は、岡崎城の城跡を公園にしたもので、岡崎城や三河武士のやかた家康館を中心とした岡崎市を代表する公園です。
    面積は、約10ヘクタールあり、広大な園内には、旧城そのままの白亜の天守閣がそびえ、城塁、内堀や家康公ゆかりの史跡等も多く、家康公と三河武士の生きざまを展示した歴史資料館三河武士のやかた家康館などがあります。
    さらに、二の丸能楽堂、巽閣、茶室葵松庵・城南亭、からくり時計、徳川家康公銅像、龍城神社、元康像、五万石藤など、見所いっぱいでさくら100選や名城100選に選ばれている公園です。

    • QURUWAプロジェクト拠点
    • 街を歩く
    • 学ぶ
  • 5

    図書館交流プラザ りぶら

    図書館を核とする生涯学習複合施設「岡崎市図書館交流プラザ」は、「図書館」「活動支援」「文化創造」「交流」の4つの機能で構成され、市民が自ら学び、活躍できる知的活動拠点として、これからの社会を先取りできる「人」を育む「楽・習・交流」の場です。
    年間約140万人が訪れる施設であるとともに、約450台の有料駐車場やバス、シェアサイクルなど交通結節点の機能も有していることから、市民や民間事業者による施設及び周辺空間を活用したまち暮らしの玄関口として質の高い空間整備が計画されています。

    • QURUWAプロジェクト拠点
    • 憩う
    • 遊ぶ
    • 学ぶ

岡崎の変わるまちなか「QURUWA」と何する?