QURUWAに関する発行物はこちら

2020年2月1日(土)QURUWAシンポジウム「QURUWA新章突入〜あなたはどこで何をする〜」

※当日の内容に反映するため申請フォームの入力にご協力ください。

申請フォーム

QURUWAは今、大きく動いています。
昨年7月に籠田公園がリニューアルオープン、続いて11月にオトリバーサイドテラスがグランドオープンし、新たな拠点が生まれています。そして河川空間の整備も進み、今年3月には桜城橋が完成するなど、乙川リバーフロント地区の整備は大詰めを迎えます。乙川や籠田公園、康生通り、連尺通りといった、河川、公園、道路などの公共空間を活用する取り組みも行われ、まちの風景や過ごし方、人の流れも変わって来ています。

いよいよこれから、民間ならではの視点、アイディアで魅力的な暮らしを描き、それを実現する新たな事業やプロジェクトを仕掛ける段階に突入します。
今回のシンポジウムでは、QURUWAで何が起きているのかを踏まえ、暮らす人、働く人、訪れる人、そして周辺エリアにもよい影響をもたらす事業やプロジェクトの具体的イメージ(QURUWAエリアへの出店・事業所移転、他のコンテンツや事業者との連携、新業態の開拓、土地利用・開発、公共空間の利活用など)をふくらませます。
QURUWA、新章突入。新たな展開を書き加えるのは、あなたです。
さあ、QURUWAのどこで、何を始めますか?

  • [日時]2020年2月1日(土)14:00〜16:30(13:30開場)
  • [場所]岡崎市福祉会館6Fホール(岡崎市朝日町3丁目2番地)
  • [参加費]無料
  • [定員]200名(当日先着)
  • ※当日の内容に反映するため申請フォームの入力にご協力ください。
  • [プログラム]
    • 第1部 情報提供|QURUWAの未来予想図
    • 第2部 パネルディスカッション|あなたはどこで何をする
  • [主催]岡崎市
  • [運営]NPO法人岡崎まち育てセンター・りた
  • [お問い合わせ先]都市施設課QURUWA戦略係 TEL:0564-23-7421
  • ※当日ご参加できない方も、資料請求やご相談など、お気軽にお問合せください。

パネリスト(乙川リバーフロント地区まちづくりデザインアドバイザー)

  • コーディネーター 藤村龍至氏
    建築家 / 東京藝術大学美術学部建築科准教授 / RFA 主宰
  • 清水義次氏
    建築・都市・地域再生プロデューサー / アフタヌーンソサエティ代表 / 3331アーツ千代田代表
  • 西村浩氏
    建築家・クリエイティブディレクター / 株式会社ワークヴィジョンズ代表取締役 / オン・ザ・ルーフ株式会社代表取締役 / 株式会社リノベリングパートナー
  • 泉英明氏
    都市プランナー / 有限会社ハートビートプラン代表取締役 / 北浜水辺協議会理事
  • 伊藤孝紀氏
    建築家 /名古屋工業大学大学院建築・デザイン分野准教授 /タイプ・エービー主宰

QURUWAで今起きていること

QP①太陽の城跡地

[2020年2月予定]2023年度のオープンを目指し、河川空間と一体となった、コンベンション+ホテルの整備・運営を行う事業者をプロポーザルで選定。

QP②桜城橋・橋詰広場

[2020年2月予定]2021年春のオープンを目指し、木装化された人道橋や橋詰広場を活かした施設の整備・運営を行う事業者をプロポーザルで選定。

QP③オトリバーサイドテラス

[2019年11月]東岡崎駅からペデストリアンデッキで直結した、乙川を望む絶好の立地に、ホテル、商業施設がグランドオープン。

QP④乙川河川敷(おとがワ!ンダーランド)

[2019年4~11月]乙川河川敷を舞台に、観光船やSUP、朝市・夜市、マルシェ、まちなかキャンプなど、多彩な活動が展開。国交省「手づくり郷土賞」グランプリ受賞(12月)。

QP⑤籠田公園

[2019年7月]星のやのランドスケープを手がけるデザイナーの設計により再整備された籠田公園。心地よい芝生広場、デッキテラス、噴水(夏季)では多くの親子連れ、散歩する人、打合せや勉強をする人たちの姿が日常的に見られるように。

QP⑤中央緑道

籠田公園と同じデザイナーにより設計され、河岸段丘の地形を生かした起伏豊かなデッキテラスが特徴の中央緑道は2020年12月にリニューアルオープン予定。

連携プロジェクト(QURUWA菜園inりぶら)

[2019年9月~2020年3月]りぶらの周辺空間を活用して、コミュニティ菜園+青空教室を暫定オープン。

QP⑦康生通り社会実験

[2019年10-11月]車道を活用した「パークレット」や遊休地へのキッチンカー出店を試験的に実施。人や車の流れの影響や効果について検証。2020年も歩道の活用を実施予定。

QP⑦連尺通り生活社会実験

[2019年9-11月]暮らしや商いを建物軒先の歩道ににじみ出させて、まちの風景や過ごし方を豊かにする方法や仕組みを検証。
2020年も継続して実施予定。

連携プロジェクト:リノベーションまちづくり

籠田公園周辺では、空き家・空き店舗を活用して、これまでにない価値観やその場所・人ならではの魅力に触れられる、カフェやお惣菜屋、飲食店などが続々と登場。現在進行中の物件も複数あり。

※当日の内容に反映するため申請フォームの入力にご協力ください。

申請フォーム